大和証券(株)『大和証券百年史』(2003.05)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
天保12年(1841) 6月15日 後の四代目住吉屋清兵衛生る。丹波国南桑田郡旭村の庄屋川勝重介五男、幼名川勝丑之助 社内事項
嘉永4年(1851) - 丑之助、11歳で大商人を志し、大坂・天満の雑穀商・河内屋に丁稚奉公に入り丑松と名乗る 社内事項
慶応元年(1865) - 【渋沢栄一】一橋家歩兵取立御用掛を命ぜられ領内を巡歴。〔25歳〕 渋沢関係略年譜
- 丑松、大坂曾根崎の米商三代目住吉屋清兵衛の娘こまと結ばれ養嗣子となり家督を相続。四代目住吉屋清兵衛を襲名 社内事項
慶応4年(1868) - 【渋沢栄一】明治維新によりフランスより帰国、静岡で慶喜に面会。〔28歳〕 渋沢関係略年譜
5月15日 太政官札発行(新政府最初の紙幣発行) 金融証券市場
7月17日 江戸を東京と改称 政治・経済・社会
明治元年(1868) - 【渋沢栄一】明治維新によりフランスより帰国、静岡で慶喜に面会。〔28歳〕 渋沢関係略年譜
9月8日 年号を明治と改元 政治・経済・社会
- 住吉屋、堂島仲町に移り米会所と関係を結ぶ 社内事項
- 維新により藤本姓を名乗り、藤本商店と改称。住吉屋を屋号にする 社内事項
明治2年(1869) - 【渋沢栄一】静岡藩に「商法会所」設立。明治政府に仕え、民部省租税正となる。民部省改正掛掛長を兼ねる。〔29歳〕 渋沢関係略年譜
6月17日 版籍奉還 政治・経済・社会
12月25日 東京・横浜間電信開通 政治・経済・社会
明治3年(1870) - 【渋沢栄一】官営富岡製糸場設置主任となる。〔30歳〕 渋沢関係略年譜
4月23日 鉄道敷設のため、九分利付外国公債をロンドンで公募(わが国最初の外貨債) 金融証券市場
10月15日 後の二代目藤本清兵衛(藤本ビルブローカー創設者)生る。紀州日方、柳仁兵衛長男、幼名柳為之助 社内事項
明治4年(1871) - 【渋沢栄一】紙幣頭となる。『立会略則』発刊。〔31歳〕 渋沢関係略年譜
7月13日 堂島米会所開業 政治・経済・社会
7月14日 廃藩置県 政治・経済・社会
- 藤本商店、高麗橋詰町に移転 社内事項
明治5年(1872) - 【渋沢栄一】大蔵少輔事務取扱。抄紙会社設立出願。〔32歳〕 渋沢関係略年譜
9月12日 新橋・横浜間鉄道開通 政治・経済・社会
11月9日 太陽暦採用の詔書を発布。同年12月3日を明治6年1月1日とする 政治・経済・社会
11月15日 国立銀行条例及び国立銀行成規発布 金融証券市場
明治6年(1873) - 【渋沢栄一】大蔵省を辞める。第一国立銀行開業・総監役。抄紙会社創立(後に王子製紙会社・取締役会長)。〔33歳〕 渋沢関係略年譜
3月25日 新旧公債証書発行条例布告(国内発行国債の嚆矢) 金融証券市場
6月11日 第一国立銀行創立。8.1開業 金融証券市場
PAGE TOP