朝日生命保険(相)『朝日生命百年史. 下巻』(1990.03)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治6年(1873) - 【渋沢栄一】大蔵省を辞める。第一国立銀行開業・総監役。抄紙会社創立(後に王子製紙会社・取締役会長)。〔33歳〕 渋沢関係略年譜
6月11日 第一国立銀行設立 業界・一般事項
7月28日 地租改正条例布告 業界・一般事項
7月28日 内外用達会社設立、業務の一部として海上・火難・人命請合を取扱う 業界・一般事項
明治7年(1874) - 【渋沢栄一】東京府知事より共有金取締を嘱託される。〔34歳〕 渋沢関係略年譜
5月 丸屋商社、社員のため「死亡請合規則」を社則に制定(今日の死亡弔慰金制度) 業界・一般事項
明治10年(1877) - 【渋沢栄一】択善会創立(後に東京銀行集会所・会長)。王子西ヶ原に別荘を建てはじめる。〔37歳〕 渋沢関係略年譜
5月28日 第一国立銀行、海上受合業(海上保険業)を案出し、本・支店間荷為替の物品に限り実施 業界・一般事項
11月 加唐為重・飯村知・千早正次郎、海軍主計学舎第一期生として卒業(翌一一年主計副に任官) 当社事項
明治11年(1878) - 【渋沢栄一】東京商法会議所創立・会頭(後に東京商業会議所・会頭)。〔38歳〕 渋沢関係略年譜
6月1日 東京株式取引所開業 業界・一般事項
明治12年(1879) - 【渋沢栄一】東京海上保険会社創立。グラント将軍(元第18代米国大統領)歓迎会(東京接待委員長)。〔39歳〕 渋沢関係略年譜
8月1日 東京海上保険会社開業、第一国立銀行、海上受合業を同社に譲渡 業界・一般事項
9月11日 東京銀行集会所開設 業界・一般事項
9月13日 若山儀一、日東保生社(相互組織による近代的生命保険会社)創立願書を東京府に提出 業界・一般事項
12月 京都第百五十三国立銀行の創設(一一月一一日開業免許・一二月五日開業)により国立銀行の創設が一五三行に及び、紙幣発行高も制限額を超えたため、同行を最後とし、以後国立銀行設立を禁止 業界・一般事項
- この年から明治一六年頃まで類似保険会社の乱立が続く 業界・一般事項
明治13年(1880) - 【渋沢栄一】博愛社創立・社員(後に日本赤十字社・常議員)。〔40歳〕 渋沢関係略年譜
1月1日 共済五百名社開業 業界・一般事項
1月28日 日東保生会社再創立願を東京府に提出 業界・一般事項
9月28日 東京府、日東保生会社の設立許可指令 業界・一般事項
10月18日 東京銀行集会所、為替取組所設置、手形交換開始 業界・一般事項
明治14年(1881) - 【渋沢栄一】ハワイ国皇帝ディヴィド・カラカウァ飛鳥山訪問 〔41歳〕 渋沢関係略年譜
4月7日 農商務省創設 業界・一般事項
6月21日 日東保生会社解社出願 業界・一般事項
7月9日 明治生命保険会社開業(資本金一〇万円) 業界・一般事項
明治15年(1882) - 【渋沢栄一】大阪紡績会社創立。ちよ夫人死去。〔42歳〕 渋沢関係略年譜
10月10日 日本銀行開業 業界・一般事項
PAGE TOP