東洋工業(株)『東洋工業五十年史. 沿革編 1920-1970』(1972.01)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
大正9年(1920) - 【渋沢栄一】国際聯盟協会創立・会長。日華実業協会創立、会長。子爵を授けられる。〔80歳〕【竜門社】青淵先生八十寿及び子爵へ陞爵の祝賀会を開催し、記念として青淵文庫を青淵先生に贈呈する。 渋沢関係略年譜
1月27日 国際連盟成立(日本、常任理事国となる) 政治・経済・社会一般
1月30日 東洋コルク工業株式会社創立(広島市中島新町10番地、公称資本金50万円) 経営・総務一般
1月30日 第1回株金払込み完了、払込資本金12万5,000円(登記2月10日) 経営・総務一般
2月10日 会社設立登記 経営・総務一般
2月10日 海塚新八、初代取締役社長に就任 経営・総務一般
3月15日 戦後反動恐慌、株式その他市場未曾有の暴落 政治・経済・社会一般
4月19日 本社、工場を広島市吉島町234番地の1に移転開始(移転完了6月18日) 経営・総務一般
5月2日 日本最初のメーデー 政治・経済・社会一般
6月30日 第1回定時株主総会開催 経営・総務一般
7月8日 取締役田部華吉、辞任 経営・総務一般
7月 白楊社設立、オートモ号製作開始 自動車業界
10月1日 第1回国勢調査実施(人口55,963,053人) 政治・経済・社会一般
11月 ゴルハム式三輪自動車完成 自動車業界
12月16日 道路取締令公布(施行10年1月1日) 政治・経済・社会一般
12月 実用自動車製造、大阪に近代的自動車専門工場完成 自動車業界
- 東京石川島造船所、バッキンガム・ウーズレー社と提携してウーズレー型乗用車を生産開始 自動車業界
大正10年(1921) - 【渋沢栄一】排日問題善後策を講ずるため渡米。ハーディング大統領と会見。〔81歳〕【渋沢敬三】東京帝大経済学部卒業。横浜正金銀行へ入行。 渋沢関係略年譜
3月14日 取締役松田重次郎、二代目取締役社長に就任 経営・総務一般
3月14日 取締役社長海塚新八、辞任、取締役に就任 経営・総務一般
3月21日 軍用自動車補助法一部改正 自動車業界
4月1日 圧搾コルク板の製造方針決定 生産・販売
PAGE TOP