(株)阿波銀行『阿波銀行七十年小史』(1967.12)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治30年(1897) - 【渋沢栄一】澁澤倉庫部開業(後に澁澤倉庫会社・発起人)。十勝開墾合資会社業務担当社員。広島水力電気株式会社創立、取締役会長。渋沢家洲崎養魚場開設 〔57歳〕 渋沢関係略年譜
6月 日本勧業銀行設立される。 中央
10月 貨幣法実施にともない、金本位制度採用。 中央
明治31年(1898) - 【渋沢栄一】浅野セメント合資会社監査役。韓国視察、韓国皇帝に謁見。王子製紙株式会社取締役会長を辞す(後に相談役)〔58歳〕 渋沢関係略年譜
1月 徳島鉄道株式会社創設される。 徳島
1月 葉煙草専売制度実施される。 中央
3月4日 美馬頭取死去にともない、取締役坂東倹吉頭取に就任(明39.2死去)。 当行
4月17日 美馬儀一郎(元監査役)取締役に就任(明39.2頭取就任)。西野永二郎監査役に就任(明45.7死去)。 当行
6月 富岡銀行開設される(明33消滅)。 徳島
6月 阿波紡績株式会社創設される。 徳島
6月 戸籍法公布される。 中央
6月 民法公布される。 中央
8月20日 貯蓄銀行条例に準拠して、貯蓄部兼営を開始。これにともない、資本金を五十万円とする。 当行
明治32年(1899) - 【渋沢栄一】衆議院議員選挙法改正規制同盟会会長。福田会名誉顧問。大蔵省より北海道拓殖銀行設立委員に任命。京仁鉄道合資会社設立、取締役社長。銀行倶楽部委員 〔59歳〕 渋沢関係略年譜
2月11日 撫養出張所開設(大3.2支店昇格)。 当行
2月 徳島―鴨島間鉄道開通。 徳島
2月 国立銀行は当月までに私立銀行となって営業継続のもののほか、すべて消滅。 中央
3月 新商法公布される。 中央
4月17日 富岡出張所開設(大3.2支店昇格)。 当行
5月 景気ようやく回復。 中央
8月 この年秋蚕飼育盛んとなる。 徳島
9月7日 脇町出張所開設(大3.2支店昇格)。 当行
9月 徳島県収税部徳島出張所を、徳島税務署と改称する。 徳島
PAGE TOP