(株)阿波銀行『阿波銀行七十年小史』(1967.12)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治32年(1899) - 【渋沢栄一】衆議院議員選挙法改正規制同盟会会長。福田会名誉顧問。大蔵省より北海道拓殖銀行設立委員に任命。京仁鉄道合資会社設立、取締役社長。銀行倶楽部委員 〔59歳〕 渋沢関係略年譜
10月 徳島置市十周年。 徳島
12月 国立銀行紙幣および政府紙幣の通用禁止となる。 中央
12月 北海道拓殖銀行設立される。 中央
明治33年(1900) - 【渋沢栄一】京釜鉄道株式会社創立委員長。日本興業銀行設立委員。黒須銀行相談役。〔60歳〕【竜門社】青淵先生の還暦祝賀として『青淵先生六十年史 一名近世実業発達史』を刊行、青淵先生に贈呈する。 渋沢関係略年譜
3月20日 臨時株主総会において、池田出張所の存廃をはかる。実地調査のため、決議を延期する。 当行
5月 北清事変勃発。 中央
8月 阿波農工銀行(資本金三十万円)開設される(昭12.3日本勧業銀行に併合)。 徳島
8月 徳島鉄道、船戸まで延長される。 徳島
12月 九州地方の銀行に取付蔓延。 中央
明治34年(1901) - 【渋沢栄一】大阪瓦斯会社監査役。日本女子大学校開校・会計監督(後に校長)。東京・飛鳥山邸を本邸とする。京釜鉄道株式会社取締役、後に取締役会長。茨城採炭株式会社創立、相談役。〔61歳〕 渋沢関係略年譜
1月3日 役員会において、常務取締役および正副支配人の、他会社役員の兼務を禁じる。 当行
1月7日 池田出張所を廃止する。 当行
1月21日 事務成績調査内規を定める。 当行
1月 関東地方の銀行に取付蔓延。 中央
3月 銀行取付全国に拡がる。 中央
4月 商工界に倒産続出。 中央
6月28日 大阪支店規定および出張所規定を定める。 当行
6月 大阪銀行集会所、初めて預金利率協定。 中央
8月 徳島県農会開設される。 徳島
8月 大蔵省銀行設立制限に関する通牒を発す。 中央
12月 県水産試験場開設される。 徳島
12月 この年銀行数一、八九〇行のピークに達す。 中央
PAGE TOP