(株)千葉銀行『千葉銀行史』(1975.03)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治3年(1870) - 【渋沢栄一】官営富岡製糸場設置主任となる。〔30歳〕 渋沢関係略年譜
5月18日 佐倉藩主堀田正倫が封土を奉還 千葉県内
11月9日 新貨幣の品位・量目を確定。1円銀を本位貨幣とする 一般
12月29日 在米中の伊藤博文、金本位制の採用および国立銀行制度を建議 一般
明治4年(1871) - 【渋沢栄一】紙幣頭となる。『立会略則』発刊。〔31歳〕 渋沢関係略年譜
2月15日 造幣寮(大阪)開業 一般
5月10日 新貨条例布告(金本位制採用、銀貨を補助貨幣とする) 一般
7月5日 通商司廃止 一般
7月14日 廃藩置県 一般
10月12日 大蔵省、兌換証券発行を布告、三井組に発行を委託(10月15日発行) 一般
11月13日 県の廃合が実施され、木更津(安房・上総)、新治(下総の一部)、印旛(下総)の3県となる 千葉県内
11月13日 全国の県を廃合し、3府72県とする 一般
12月27日 新紙幣発行、旧紙幣(太政官札・民部省札・旧藩札)との交換を布告 一般
- この年、佐倉藩士倉沢享、同協社を組織し製茶栽培を行う 千葉県内
明治5年(1872) - 【渋沢栄一】大蔵少輔事務取扱。抄紙会社設立出願。〔32歳〕 渋沢関係略年譜
4月1日 新紙幣9種発行、旧紙幣と交換開始 一般
7月1日 各地に郵便役所・郵便取扱所(のちの郵便局)開設 千葉県内
8月12日 木更津裁判所・印旛裁判所設置 千葉県内
9月 葛飾郡流山村に模範小学校(簡易師範学校)設立(11月授業開始)、教員養成に当たる(本県師範教育の始め) 千葉県内
10月14日 官設鉄道、新橋(現汐留)~横浜(現桜木町)間全通 一般
11月15日 「国立銀行条例」公布 一般
明治6年(1873) - 【渋沢栄一】大蔵省を辞める。第一国立銀行開業・総監役。抄紙会社創立(後に王子製紙会社・取締役会長)。〔33歳〕 渋沢関係略年譜
1月1日 太陰暦を廃し太陽暦実施(明治5年12月3日を太陽暦の明治6年1月1日とする) 一般
3月30日 「金札引換公債証書発行条例」公布 一般
PAGE TOP