同和鉱業(株)『七十年之回顧』(1955.11)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治13年(1880) - 【渋沢栄一】博愛社創立・社員(後に日本赤十字社・常議員)。〔40歳〕 渋沢関係略年譜
- 鉱山業を兼営
明治14年(1881) - 【渋沢栄一】ハワイ国皇帝ディヴィド・カラカウァ飛鳥山訪問 〔41歳〕 渋沢関係略年譜
1月 組織を3兄弟の組合となし、藤田組(資本金六万円)と呼称
- 小坂//大島高任によってオーガスチン収銀法を採用
- 花岡//石仏鉱床を発見
明治15年(1882) - 【渋沢栄一】大阪紡績会社創立。ちよ夫人死去。〔42歳〕 渋沢関係略年譜
- 柵原//福田利平、下柵原鉱床を発見
明治16年(1883) - 【渋沢栄一】大阪紡績会社工場落成・発起人(後に相談役)。伊藤かねと再婚。〔43歳〕 渋沢関係略年譜
9月 小坂//坑口~製錬場間、鉄軌道を布設
明治17年(1884) - 【渋沢栄一】東京商業学校(前、商法講習所)校務商議委員。磐城炭礦社設立・会長日本鉄道会社理事委員(後に取締役)。〔44歳〕 渋沢関係略年譜
9月18日 政府より小坂・十輪田二鉱山の払下げを受ける
- 柵原//日下部虎治、福田利平所有鉱区を買収、柵原鉱山と命名
明治18年(1885) - 【渋沢栄一】ジャパン・ブリュワリー・コンパニー・リミテッド設立(後に理事)。日本郵船会社創立(後に取締役)。東京瓦斯会社創立(創立委員長、後に取締役会長)。〔45歳〕 渋沢関係略年譜
1月 資本金六万円を二〇万円に増資
1月 小坂//藤田組経営の下に操業を開始
- (春)花岡//浅利藤松ら、堤沢露頭を発見
- 花岡//藤盛常吉ら、旧観音堂鉱床露頭を発見
明治19年(1886) - 【渋沢栄一】「竜門社」創立。東京電灯会社開業(後に委員)。〔46歳〕【竜門社】竜門社が東京・深川福住町の青淵先生邸内に創立する。機関誌『竜門雑誌』創刊号を刊行。 渋沢関係略年譜
6月30日 政府より愛媛県市ノ川鉱山〔アンチモニー〕を借り受けて経営
7月5日 小坂//仙石亮、技長に就任
9月 島根県大森鉱山の一部を買収
明治20年(1887) - 【渋沢栄一】東京製綱会社発起委員(後に取締役会長)。東京人造肥料会社創立委員(後に取締役会長)。京都織物会社創立、相談役。日本煉瓦製造会社創立・発起人(後に取締役会長)。帝国ホテル創立・発起人総代(後に取締役会長)。北海道製麻会社・相談役。〔47歳〕 渋沢関係略年譜
3月15日 大森鉱山全鉱区を買収、操業開始
4月 用達業と土建業を新設の内外用達会社および日本土木会社へそれぞれ譲渡、鉱山業を主業とする
9月 本店を東区今橋二丁目へ移転
12月7日 小坂//仙石技長、初代所長に就任
- 児島湾干拓事業出願
PAGE TOP