(株)帝国ホテル『帝国ホテル百年史 : 1890-1990』(1990.11)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
嘉永6年(1853) 7月8日 米国東インド艦隊司令長官ペリー、軍艦4隻を率い浦賀に来航 業界・一般事項
1854年 - 【渋沢栄一】家業の畑作、養蚕、藍問屋業に精励。〔14歳〕 渋沢関係略年譜
3月31日 日米和親条約調印 業界・一般事項
12月8日 長崎の蘭医柴田方庵、来客約20人に西洋料理を供応 業界・一般事項
安政3年(1856) - 【渋沢栄一】父の代理で領主安部摂津守の岡部の陣屋で用金の命を受ける。代官が傲慢で栄一を侮蔑、圧制に痛憤し封建の弊に強烈な反感を持つ。〔16歳〕 渋沢関係略年譜
8月21日 米国駐日総領事ハリス、下田に来航 業界・一般事項
安政5年(1858) - 【渋沢栄一】従妹ちよ(尾高惇忠の妹)と結婚。〔18歳〕 渋沢関係略年譜
7月29日 日米修好通商条約調印 業界・一般事項
10月13日 安政の大獄始まる 業界・一般事項
安政6年(1859) 7月1日 横浜、箱館開港(長崎、横浜、箱館の3港で露、仏、英、蘭、米との自由貿易開始) 業界・一般事項
万延元年(1860) 2月4日 幕府の軍艦成臨丸、品川を出発し米国に向かう(6.24品川帰着、日本人による自力航海) 業界・一般事項
2月9日 幕府の遣米使節団、日米修好通商条約批准のため米軍艦で品川を出発 業界・一般事項
- 横浜にヨコハマホテル開業(横浜初のホテル、慶応2年焼失) 業界・一般事項
文久2年(1862) - 横浜住吉の「伊せ熊」、牛肉を煮て売り出す(牛鍋屋の先駆) 業界・一般事項
1865年 - 【渋沢栄一】一橋家歩兵取立御用掛を命ぜられ領内を巡歴。〔25歳〕 渋沢関係略年譜
- 幕府雉子橋門内の牧場で将軍用の牛乳をとり、一部を江戸市中にも販売 業界・一般事項
慶応2年(1866) - 【渋沢栄一】徳川慶喜、征夷大将軍となり、栄一は幕臣となる。〔26歳〕 渋沢関係略年譜
- 浜離宮の幕府施設を延遼館とし、外国貴賓の宿泊・接待施設とする 業界・一般事項
- 西洋料理店、江戸に数軒開店 業界・一般事項
慶応3年(1867) - 【渋沢栄一】徳川昭武に従ってフランスへ出立(パリ万博使節団)。〔27歳〕 渋沢関係略年譜
11月9日 大政奉還 業界・一般事項
- 築地に築地ホテル館竣工(慶応4年開業) 業界・一般事項
- 初の本格西洋料理の店三河屋、神田に開店 業界・一般事項
慶応4年(1868) - 【渋沢栄一】明治維新によりフランスより帰国、静岡で慶喜に面会。〔28歳〕 渋沢関係略年譜
1月3日 王政復古の大号令 業界・一般事項
1月27日 戊辰戦争おこる 業界・一般事項
4月6日 五箇条の誓文 業界・一般事項
PAGE TOP