ニチボー(株)『ニチボー75年史』(1966.02)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
元治2年(1865) - 【渋沢栄一】一橋家歩兵取立御用掛を命ぜられ領内を巡歴。〔25歳〕 渋沢関係略年譜
3月22日 薩摩島津藩家老新納刑部久修と藩士五代友厚ら19名は長崎より英船に便乗して渡英の途につく。 業界ならびに内外情勢
慶応元年(1865) - 【渋沢栄一】一橋家歩兵取立御用掛を命ぜられ領内を巡歴。〔25歳〕 渋沢関係略年譜
4月7日 元治を改元して慶応となる。 業界ならびに内外情勢
4月26日 米国の南北戦争終わる。 業界ならびに内外情勢
10月5日 長崎・横浜・函舘の開港勅許。 業界ならびに内外情勢
11月 薩摩藩の新納・五代の両名は英国プラット・ブラザース会社に英貨1,000ポンドをもって紡機の購入を契約。 業界ならびに内外情勢
慶応2年(1866) - 【渋沢栄一】徳川慶喜、征夷大将軍となり、栄一は幕臣となる。〔26歳〕 渋沢関係略年譜
1月12日 島津藩の紡機、長崎に入荷。 業界ならびに内外情勢
1月27日 薩長連合成る。 業界ならびに内外情勢
5月13日 徳川幕府は英・米・仏・蘭4ヵ国と輸出入改税書を江戸で調印。 業界ならびに内外情勢
7月29日 将軍家茂没し徳川慶喜宗家を相続。 業界ならびに内外情勢
12月5日 徳川慶喜に将軍宣下。 業界ならびに内外情勢
12月25日 孝明天皇崩御。 業界ならびに内外情勢
慶応3年(1867) - 【渋沢栄一】徳川昭武に従ってフランスへ出立(パリ万博使節団)。〔27歳〕 渋沢関係略年譜
1月9日 明治天皇践〓[しめすへん+作のつくり] 業界ならびに内外情勢
3月24日 幕府代表徳川昭武はパリのチュイレリー宮で大統領ナポレオン3世に謁見。 業界ならびに内外情勢
5月 鹿児島磯の浜に日本最初の紡績工場である薩摩藩営紡績所竣工。 業界ならびに内外情勢
10月13日 上記の鹿児島紡績所完成し設備3,648錘。 業界ならびに内外情勢
10月14日 薩摩藩主島津忠義父子・長州藩主毛利利敬父子に討幕の密勅。将軍徳川慶喜大政奉還を上表。 業界ならびに内外情勢
11月9日 幕府代表徳川昭武はロンドンのウインザー宮殿でビクトリア女王に謁見。 業界ならびに内外情勢
11月15日 坂本竜馬・中岡慎太郎は京都で暗殺される。 業界ならびに内外情勢
12月7日 兵庫開港。大坂(大阪)開市。 業界ならびに内外情勢
12月9日 王政復古の大号発布。 業界ならびに内外情勢
PAGE TOP