旭化成(株)『旭化成八十年史 : 資料編』(2002.12)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
大正14年(1925) - 【渋沢栄一】製鉄鋼調査会委員。史籍協会評議員。浅草寺臨時営繕局顧問。〔85歳〕【渋沢敬三】横浜正金銀行退職。 渋沢関係略年譜
1月 旭絹織 レーヨン細物を販売開始(90デニール、'26.5 75デニール) 営業
6月1日 住友肥料製造所設立(現住友化学) 業界・社会一般
8月9日 五ヶ瀬川電力 五ヶ瀬川発電所発電開始(宮崎県西臼杵郡) 生産・技術・研究開発
10月5日 旭絹織『旭絹織月報』を創刊 営業
- (この年)・ラジオ放送開始(7.12) 業界・社会一般
大正15年(1926) - 【渋沢栄一】日本太平洋問題調査会創立・評議員会長。日本放送協会創立・顧問。〔86歳〕【渋沢敬三】澁澤倉庫取締役に就任。第一銀行取締役に就任。東京貯蓄銀行取締役に就任。 渋沢関係略年譜
1月12日 東洋レーヨン設立(現東レ) 業界・社会一般
2月 阿蘇水力電気 馬見原発電所発電開始(熊本県阿蘇郡) 生産・技術・研究開発
3月27日 旭絹織 延岡(岡富)に12万坪の工場用地を取得 経営・一般
7月12日 日窒肥料 アンモニアガスを酸化し硝酸を製造する方法特許登録 生産・技術・研究開発
9月4日 日窒肥料 五ヶ瀬川発電所を譲受(五ヶ瀬川電力解散) 経営・一般
9月 旭絹織 レーヨンの建値制を廃止 営業
11月6日 日窒肥料 川走川第2発電所発電開始(熊本県阿蘇郡) 生産・技術・研究開発
昭和元年(1926) - 【渋沢栄一】日本太平洋問題調査会創立・評議員会長。日本放送協会創立・顧問。〔86歳〕【渋沢敬三】澁澤倉庫取締役に就任。第一銀行取締役に就任。東京貯蓄銀行取締役に就任。 渋沢関係略年譜
12月25日 日窒肥料 合成アンモニア、硫安を生産開始(水俣) 生産・技術・研究開発
12月25日 大正天皇崩御。昭和と改元 業界・社会一般
昭和2年(1927) - 【渋沢栄一】日本国際児童親善会創立・会長。日米親善人形歓迎会を主催。航空輸送会社設立準備調査委員会会長。〔87歳〕【渋沢敬三】東洋生命取締役に就任。理化学興業監査役に就任。 渋沢関係略年譜
2月10日 旭絹織 レーヨン150デニール/40フィラメントを販売開始 営業
3月7日 日窒肥料 馬見原発電所を譲受(阿蘇水力電気解散) 経営・一般
3月11日 日窒肥料 川走川第1発電所発電開始(熊本県阿蘇郡) 生産・技術・研究開発
3月15日 金融恐慌始まる 業界・社会一般
5月2日 日窒肥料 朝鮮窒素肥料(株)設立。興南工場の建設着手(咸鏡南道西湖、'30.1硫安を生産開始) 業界・社会一般
5月28日 第1次山東出兵 業界・社会一般
PAGE TOP