旭電化工業(株)『社史 : 旭電化工業株式会社』(1968.03)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
大正4年(1915) - 【渋沢栄一】帝国蚕糸株式会社相談役。渋沢同族株式会社設立、社長は敬三。パナマ運河開通博覧会のため渡米。ウイルソン大統領と会見。〔75歳〕【渋沢敬三】渋沢同族株式会社設立、同社長就任。 渋沢関係略年譜
12月 匿名組合・東京電化工業所(資本金二万円)創立(p33[本文頁。以下同]) 当社
大正5年(1916) - 【渋沢栄一】第一銀行の頭取等を辞め実業界を引退。日米関係委員会が発足・常務委員。理化学研究所創立委員長。〔76歳〕【竜門社】青淵先生の喜寿祝賀会開催し、記念品として林泰輔編『論語年譜』を青淵先生に贈呈する。 渋沢関係略年譜
2月16日 日本グリセリン工業株式会社設立 参考
7月 東京電化工業所運転開始 当社
8月17日 最初の製品晒粉五五〇ポンド生産 当社
9月1日 工場法施行 参考
大正6年(1917) - 【渋沢栄一】日米協会創立・名誉副会長。〔77歳〕 渋沢関係略年譜
1月27日 旭電化工業株式会社(資本金一〇〇万円)創立、本社を東京市京橋区築地三丁目一一番地に設置(p36) 当社
4月6日 アメリカとドイツ国交断絶し宣戦布告 参考
4月 (中旬)工場地鎮祭を執行 当社
5月 (中旬)工場建設第一期工事に着手 当社
7月7日 本社を東京麹町区有楽町一丁目一番地(三菱二一号館)に移転(p36) 当社
7月21日 工業所有権戦時法公布 参考
7月 (初旬)〃[工場建設]第二期工事に着手 当社
9月1日 晒粉の製造販売を開始(p39) 当社
9月1日 暴利取締令公布 参考
9月10日 古河銀行開業 参考
9月12日 金輸出を禁止 参考
10月1日 六〇年末の暴風雨のため第二期工事中の建家倒潰(p36) 当社
10月 苛性ソーダの販売を開始(p39) 当社
12月28日 稲荷神社造営につき敷地(現グリセリン工場西側)の修祓を執行 当社
12月 ソーダ工業用塩自己輸入許可 参考
PAGE TOP