(株)新潟鉄工所『新潟鉄工所100年史』(1996.03)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治27年(1894) - 【渋沢栄一】東京瓦斯株式会社取締役会長。東京海上保険株式会社取締役。北越鉄道株式会社創立発起人。札幌麦酒株式会社取締役会長。〔54歳〕 渋沢関係略年譜
7月16日 日英通商航海条約調印(初の改正条約) 社会・一般事項
8月1日 日清戦争始まる 社会・一般事項
8月5日 日本石油、鉄工所建設を議決。工場の立地を新潟県中蒲原郡松島村字山の下と定め、建設準備に着手 当社事項
- 大阪砲兵工廠、アルミニウム地金より尾錠、水筒、飯盒などを製作 社会・一般事項
明治28年(1895) - 【渋沢栄一】東京統計協会終身会員。〔55歳〕 渋沢関係略年譜
2月1日 京都電気鉄道開業(初の電車営業) 社会・一般事項
4月17日 日清講和条約調印 社会・一般事項
6月16日 創立事務所設置(新潟市東港町通二之丁一番戸) 当社事項
8月30日 山の下の事務所新築、創立事務所から移転 当社事項
- 福岡・山口・千葉各県で、米国式巾着網の本格的試験行なわれる 社会・一般事項
- 銀座に洋食屋煉瓦亭開店(カツレツを考案し大当たり) 社会・一般事項
明治29年(1896) - 【渋沢栄一】日本精糖会社創立・取締役。東京興信所創立、評議員。東京銀行集会所会長。東京印刷株式会社設立・相談役。東洋汽船株式会社創業、監査役。東京建物株式会社創立発起人。第一国立銀行が営業満期により第一銀行となる。引続き頭取。汽車製造合資会社設立・創立委員(後に監査役)。北越石油株式会社創業・相談役。日本勧業銀行設立委員。〔56歳〕【渋沢敬三】父・渋沢篤二、母・敦子の長男として都内深川に生まる。 渋沢関係略年譜
3月24日 造船奨励法公布(10月1日施行) 社会・一般事項
5月8日 工場設備完成し営業開始。敷地5,473坪(1万8,061m2)、建物311坪(1,026m2)、社員11名、工員196名 当社事項
6月22日 北越鉄道と車両製造契約締結。この年車両工場設置 当社事項
10月19日 第1回農商工高等会議開催 社会・一般事項
11月11日 鋳工場から出火、工場全焼 当社事項
12月 東京電灯、市内中央発電所第1工事竣工(関東地域の50サイクルシステム始まる) 社会・一般事項
- 池貝工場(のちの池貝鉄工所)、3.5馬力の石油発動機を製作 社会・一般事項
明治30年(1897) - 【渋沢栄一】澁澤倉庫部開業(後に澁澤倉庫会社・発起人)。十勝開墾合資会社業務担当社員。広島水力電気株式会社創立、取締役会長。渋沢家洲崎養魚場開設 〔57歳〕 渋沢関係略年譜
3月17日 汽船「松前丸」機関修理受注。機関引受けの嚆矢(5月29日完成) 当社事項
3月31日 安進社から「安進丸」の、また5月2日清水芳蔵から「六甲丸」の汽機汽缶製作を受注 当社事項
4月2日 遠洋漁業奨励法公布、大型漁船に奨励金交付(98年4月1日施行) 社会・一般事項
PAGE TOP