(株)新潟鉄工所『新潟鉄工所100年史』(1996.03)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治30年(1897) - 【渋沢栄一】澁澤倉庫部開業(後に澁澤倉庫会社・発起人)。十勝開墾合資会社業務担当社員。広島水力電気株式会社創立、取締役会長。渋沢家洲崎養魚場開設 〔57歳〕 渋沢関係略年譜
4月3日 新潟県柏崎町に大火、焼失1,200戸 社会・一般事項
6月12日 機械学会設立 社会・一般事項
8月6日 連日の大雨のため信濃川・阿賀野川が氾濫、工場に浸水し操業不能に 当社事項
8月7日 笹村万蔵(のち吉郎と改名)、技師長に就任 当社事項
10月1日 金本位制実施 社会・一般事項
- 池貝工場、フライス盤・ボール盤を導入して歯車を製作。ガス機関(3.5馬力)を製作し、型押しロール機に採用 社会・一般事項
明治31年(1898) - 【渋沢栄一】浅野セメント合資会社監査役。韓国視察、韓国皇帝に謁見。王子製紙株式会社取締役会長を辞す(後に相談役)〔58歳〕 渋沢関係略年譜
1月 関西鉄道で、客車に油灯に代え初めて電灯を取り付ける 社会・一般事項
4月19日 「安進丸」汽機汽缶据付け完了(9月26日成績不良のため解約) 当社事項
6月4日 直江津町に大火、焼失1,600戸 社会・一般事項
8月16日 三菱合資三菱造船所(三菱重工業の前身の一つ)、貨客船「常陸丸」(6,172トン)を完成(日本初の大型汽船) 社会・一般事項
明治32年(1899) - 【渋沢栄一】衆議院議員選挙法改正規制同盟会会長。福田会名誉顧問。大蔵省より北海道拓殖銀行設立委員に任命。京仁鉄道合資会社設立、取締役社長。銀行倶楽部委員 〔59歳〕 渋沢関係略年譜
3月2日 特許法・意匠法・商標法、それぞれ公布(7月1日施行) 社会・一般事項
3月8日 船舶法公布(6月16日施行) 社会・一般事項
3月22日 「六甲丸」の汽機汽缶の試運転実施(受注後実に1年11ヵ月) 当社事項
4月11日 東京の石油商小倉常吉からタンクカー10両受注(9月3日試運転を行なう)。当社における油槽車製作の嚆矢 当社事項
4月20日 笹村技師長、新潟鉄工所長に就任 当社事項
5月25日 山陽鉄道で、初めて食堂車を使用 社会・一般事項
8月3日 私立学校令公布 社会・一般事項
8月4日 日本麦酒会社、新橋際にビアホール開店 社会・一般事項
9月5日 北越鉄道直江津―沼垂間が開通し、東京―新潟間の鉄道全通 社会・一般事項
明治33年(1900) - 【渋沢栄一】京釜鉄道株式会社創立委員長。日本興業銀行設立委員。黒須銀行相談役。〔60歳〕【竜門社】青淵先生の還暦祝賀として『青淵先生六十年史 一名近世実業発達史』を刊行、青淵先生に贈呈する。 渋沢関係略年譜
3月10日 治安警察法公布 社会・一般事項
PAGE TOP