(株)明電舎『明電舎100年史. 沿革・資料編』(1998.06)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治40年(1907) - 【渋沢栄一】帝国劇場会社創立・創立委員長(後に取締役会長)。品川白煉瓦株式会社相談役。日清汽船株式会社創立、取締役。日本皮革株式会社創立、相談役。合資会社沖商会有限責任社員・監査役。帝国製麻株式会社創立、相談役。東明火災海上保険株式会社創立、取締役。〔67歳〕 渋沢関係略年譜
- 誘導電動機 25HP (東京勧業博覧会) 技術・製品
- プランジャ形反限時継電器 技術・製品
明治41年(1908) - 【渋沢栄一】日韓瓦斯株式会社創立、取締役会長。帝国商業銀行相談役。東洋拓殖株式会社設立委員。木曾興業株式会社創立、相談役。アメリカ太平洋沿岸実業家一行招待。〔68歳〕 渋沢関係略年譜
5月16日 逓信省 海岸局無線電信局設置、船舶無線急速に普及 業界・一般
10月 万国電気工芸委員会(IEC)発足 業界・一般
- 電動機の生産台数20~30台/月(明治40年末現在、東京市内電動機746台中463台・62%が当社製) 沿革
- 誘導電動機 40HP 200V 8極(日本製紐) 技術・製品
- 回転変流機(実験用) 技術・製品
- 扇風機 12インチ(交直両用整流子電動機) 技術・製品
- 探照灯および同発電機(陸軍築城本部) 技術・製品
明治42年(1909) - 【渋沢栄一】多くの企業・団体の役員を辞任。渡米実業団を組織し団長として渡米。タフト大統領と会見。〔69歳〕【竜門社】組織を変更し、社則を改正。青淵先生の道徳経済合一説を広め実践する団体に性格を変える。 渋沢関係略年譜
4月5日 改正特許法・改正商標法等公布(11月1日施行) 業界・一般
12月16日 国鉄山手線電化される 業界・一般
12月26日 重宗芳水 日本電気協会関税調査委員会として意見書「輸入税変更に就いての要望」を提出 沿革
- 日本鋼管設立に際し、誘導電動機、電気工事など電気品の一切を供給 沿革
- 直流電動機 5HP エレベータ用(藤原義之氏) 技術・製品
明治43年(1910) - 【渋沢栄一】政府諮問機関の生産調査会創立・副会長。社団法人東京銀行集会所会長。〔70歳〕【竜門社】青淵先生の七十寿祝賀会を開催する。 渋沢関係略年譜
2月17日 社標「菱形にM.E.W.(ピリオド付)」登録 沿革
2月 日本電気工芸委員会(JEC)設置、IECに加盟 業界・一般
3月26日 電気測定法公布(明治44年1月1日施行) 業界・一般
11月 日立製作所創業 業界・一般
- 明石町工場を拡張(本工場2階、事務所3階建てとする) 沿革
- 電動直流発電機 75kW 550V(覚王山電気軌道) 技術・製品
PAGE TOP