(株)東京鉄骨橋梁『東京鉄骨橋梁百年史』(2014.10)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
大正3年(1914) - 【渋沢栄一】東北九州災害救済会創立、副総裁。合資会社国際通信社設立、相談役。日中経済界の提携のため中国訪問。財団法人国産奨励会設立準備委員総代、顧問。〔74歳〕 渋沢関係略年譜
1月 桜島が大噴火 社会一般事項
3月 東京大正博覧会が開催 社会一般事項
7月 第1次世界大戦勃発 社会一般事項
8月 清水満之助本店(後の清水組、現・清水建設株式会社)深川工作場内に併設された「深川鉄工所」として創業。創業者は清水釘吉 当社事項
大正4年(1915) - 【渋沢栄一】帝国蚕糸株式会社相談役。渋沢同族株式会社設立、社長は敬三。パナマ運河開通博覧会のため渡米。ウイルソン大統領と会見。〔75歳〕【渋沢敬三】渋沢同族株式会社設立、同社長就任。 渋沢関係略年譜
1月 中国に21カ条の要求を提出 社会一般事項
1月 ドイツ軍がイギリス本土を空襲開始 社会一般事項
6月 東京市小石川区久堅町の博文館印刷所(現・共同印刷、博文館新社)の鉄骨工事受注 当社事項
10月 清水満之助本店から合資会社清水組へ改組。清水釘吉が店長に就任 当社事項
大正5年(1916) - 【渋沢栄一】第一銀行の頭取等を辞め実業界を引退。日米関係委員会が発足・常務委員。理化学研究所創立委員長。〔76歳〕【竜門社】青淵先生の喜寿祝賀会開催し、記念品として林泰輔編『論語年譜』を青淵先生に贈呈する。 渋沢関係略年譜
4月 横須賀海軍工廠タービン組立工場の現場製作工事を手掛ける 当社事項
9月 工場法施行 社会一般事項
- この年の暮れまで「深川工作所」の人員のほとんどが現場に駆り出された 当社事項
大正6年(1917) - 【渋沢栄一】日米協会創立・名誉副会長。〔77歳〕 渋沢関係略年譜
4月 アメリカがドイツに対して宣戦布告 社会一般事項
5月 浅井長次郎が深川工作場の責任者に就任 当社事項
大正7年(1918) - 【渋沢栄一】渋沢栄一著『徳川慶喜公伝』(竜門社)刊行。〔78歳〕 渋沢関係略年譜
11月 第1次世界大戦終戦 社会一般事項
大正8年(1919) - 【渋沢栄一】アメリカ合衆国政府より日米船鉄交換争議の仲裁人を委嘱される。協調会創立・副会長。〔79歳〕 渋沢関係略年譜
4月 都市計画法と市街地建築物法公布 社会一般事項
大正9年(1920) - 【渋沢栄一】国際聯盟協会創立・会長。日華実業協会創立、会長。子爵を授けられる。〔80歳〕【竜門社】青淵先生八十寿及び子爵へ陞爵の祝賀会を開催し、記念として青淵文庫を青淵先生に贈呈する。 渋沢関係略年譜
3月 株式や綿糸、生糸の市場が大暴落 社会一般事項
- この頃の生産量月間200t程度 当社事項
- 溶接工法が試験的に日本で初めて用いられる 社会一般事項
大正10年(1921) - 【渋沢栄一】排日問題善後策を講ずるため渡米。ハーディング大統領と会見。〔81歳〕【渋沢敬三】東京帝大経済学部卒業。横浜正金銀行へ入行。 渋沢関係略年譜
4月 日本でメートル法が公布 社会一般事項
11月 芝浦に新たな鉄工所の用地として約2万2,500m2の土地を借り入れる 当社事項
PAGE TOP