(株)電通『電通66年』(1968.12)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治34年(1901) - 【渋沢栄一】大阪瓦斯会社監査役。日本女子大学校開校・会計監督(後に校長)。東京・飛鳥山邸を本邸とする。京釜鉄道株式会社取締役、後に取締役会長。茨城採炭株式会社創立、相談役。〔61歳〕 渋沢関係略年譜
2月 山手線、赤羽・品川間開通 社会一般
4月 東京日日、大阪毎日、東京朝日の三紙、「案内広告欄」開設 広告界
4月 大阪第七十九銀行、難波銀行支払い停止、中部地方以西に金融恐慌波及 社会一般
4月 皇孫迪宮裕仁親王(現天皇)ご誕生 社会一般
5月 伊藤内閣総辞職 社会一般
6月 第一次桂太郎内閣成立 社会一般
6月 清国孫逸仙(孫文)日本に亡命 社会一般
6月 星亨東京市長刺殺される 社会一般
7月1日 日本広告株式会社(資本金十万円)と電報通信社を創立、日向輝武、取締役会長に、山崎嘉太郎、専務取締役に、創立企画者の光永星郎は、権藤震二とともに取締役となる。社員十余名、社屋は京橋区弥左衛門町(銀座四丁目) 電通
7月 白木屋、中元売出し広告に値段を明記、注目をひく 広告界
7月 黒岩涙香、理想団を結成 社会一般
9月 北海タイムス(現・北海道新聞)創刊 広告界
10月 アメリカでの外債六千万円募集不成立で株式界混乱、銀行の解散、集中進む 社会一般
11月 上野精養軒で創立披露会を開く 電通
11月 岩谷天狗と村井商会のたばこ宣伝戦盛んとなる 広告界
11月 京浜電車内の広告開始 広告界
12月 田中正造、足尾銅山鉱毒事件で直訴 社会一般
- この年、赤玉ポートワイン、森下の「毒滅」などの広告はじまる 広告界
明治35年(1902) - 【渋沢栄一】合名会社中井商店顧問。清韓協会設立・幹事長。京仁鉄道合資会社取締役社長。兼子夫人同伴で欧米視察。ルーズベルト大統領と会見。〔62歳〕 渋沢関係略年譜
1月 元旦仕事始め午前三時の慣行はじまる 電通
1月 健(心身の健康)根(不撓の努力)信(業務への誠実)の三語をモットーとする 電通
PAGE TOP