(株)神戸製鋼所『神戸製鋼100年 : 1905-2005』(2006.03)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
大正4年(1915) - 【渋沢栄一】帝国蚕糸株式会社相談役。渋沢同族株式会社設立、社長は敬三。パナマ運河開通博覧会のため渡米。ウイルソン大統領と会見。〔75歳〕【渋沢敬三】渋沢同族株式会社設立、同社長就任。 渋沢関係略年譜
2月 日本鉄鋼協会設立 業界・社会一般
5月 日華条約調印 業界・社会一般
7月 鈴木岩治郎、第2代取締役社長に就任 当社の沿革
8月 英国のピーター・ブラザーフード社から高圧空気圧縮機の技術導入、直ちに製作開始(わが国初) 当社の沿革
10月 脇浜海岸(4万坪)の埋め立て工事開始 当社の沿革
11月 日本特殊鋼(株)設立 業界・社会一般
11月 大正天皇即位 業界・社会一般
- 25トン平炉1基、中型ローリングミル1基、機械工場にミーリングマシン、スロッティングマシン数基、鍛鋼工場に加熱炉数基を増設 当社の沿革
- 工具の商標として剣菱S(〓[マーク])を登録 当社の沿革
大正5年(1916) - 【渋沢栄一】第一銀行の頭取等を辞め実業界を引退。日米関係委員会が発足・常務委員。理化学研究所創立委員長。〔76歳〕【竜門社】青淵先生の喜寿祝賀会開催し、記念品として林泰輔編『論語年譜』を青淵先生に贈呈する。 渋沢関係略年譜
3月 台湾施政25年記念共進会に製糖用ロール、クラッシャ、トロッコ用車輪、合金見本を出品し金牌を受賞 当社の沿革
4月 大日本海事水産博覧会に3,000トン級船舶用クランクシャフト、合金見本、ドリル、カッタ、リーマ、タップを出品し金牌を、鋳鍛鋼品の出品に対して名誉大賞を受賞 当社の沿革
4月 英国、鉄鋼輸出禁止 業界・社会一般
4月 鈴木商店は播磨船渠(株)を買収 業界・社会一般
5月 鈴木商店は(株)中央鉄工所から造船業務を買収して、(株)鳥羽造船所とする 業界・社会一般
5月 農商務省内に製鉄業調査会設置 業界・社会一般
7月 定款を変更、常務のほかに専務制を設け、取締役依岡省輔が就任 当社の沿革
8月 英国のN・ヒングレー・アンド・サンズ社からホールス型無桿式錨の技術導入(わが国初) 当社の沿革
8月 日本軍、中国軍と鄭家屯で衝突 業界・社会一般
8月 (株)電気製鋼所(後の大同製鋼(株))設立 業界・社会一般
9月 工場法施行(1911.3公布) 業界・社会一般
PAGE TOP