日本無線(株)『日本無線55年の歩み : JRC』(1971.06)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
大正9年(1920) - 【渋沢栄一】国際聯盟協会創立・会長。日華実業協会創立、会長。子爵を授けられる。〔80歳〕【竜門社】青淵先生八十寿及び子爵へ陞爵の祝賀会を開催し、記念として青淵文庫を青淵先生に贈呈する。 渋沢関係略年譜
4月 海軍造兵廠、海軍工廠の指定工場となる 当社主要事項
4月 農商務省、文部省、鉄道院の指定工場となる 当社主要事項
6月 共同漁業株式会社(現・日本水産株式会社)に入力0.6kVA瞬滅火花送信機、真空管式受信機を受注し翌年納入(我国トロール漁船に初めて設置) 当社主要事項
8月 日魯漁業株式会社のカムチャツカ半島の漁業基地に入力3kVAの瞬滅火花式無線電信装置完成 当社主要事項
11月 米国ピッツバーグKDKA局世界最初のラジオ放送開始 参考事項
- バルクハウゼン(独)とクルツ(独)3極真空管で電子振動によるマイクロ波発振に成功 参考事項
大正10年(1921) - 【渋沢栄一】排日問題善後策を講ずるため渡米。ハーディング大統領と会見。〔81歳〕【渋沢敬三】東京帝大経済学部卒業。横浜正金銀行へ入行。 渋沢関係略年譜
3月31日 常務取締役加島斌辞任 当社主要事項
3月 磐城無線電信局原町送信所開設 参考事項
6月 入力10W送信管完成 当社主要事項
10月 静岡県水産試験場(清水市)に我国初の漁業海岸局用無線電信装置を納入(入力3kVA瞬滅火花式送信機と真空管式受信機) 当社主要事項
12月 日英同盟廃棄 参考事項
- ハル(米)マグネトロン発明 参考事項
- アマチュア(米)短波の遠距離伝搬を発見 参考事項
大正11年(1922) - 【渋沢栄一】小畑久五郎翻訳、栄一序文『アンドルー・カーネギー自伝』冨山房より刊行。日仏協会会頭。〔82歳〕【渋沢敬三】横浜正金銀行ロンドン支店転任。 渋沢関係略年譜
2月 我国初めての気象放送用無線機(入力7kVA瞬滅火花式送信機と入力7kVAアーク式送信機)を完成し神戸海洋気象台に納入 当社主要事項
2月 ワシントン軍縮条約調印 参考事項
6月 陸軍兵器本廠、海軍艦政本部の指定工場となる 当社主要事項
6月 送信用3極管入力100W、250W、500W完成販売 当社主要事項
- 米国に於て、トリエーテッドタングステンのフィラメントを用いたUV201A、UV1990市販 参考事項
- ケーディ(米)水晶振動子発明 参考事項
- ハウスキーパー(米)水冷式真空管発明 参考事項
PAGE TOP