(株)協和銀行『本邦貯蓄銀行史』(1969.09)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
慶応3年(1867) - 【渋沢栄一】徳川昭武に従ってフランスへ出立(パリ万博使節団)。〔27歳〕 渋沢関係略年譜
10月 王政復古 その他関連事項
慶応4年(1868) - 【渋沢栄一】明治維新によりフランスより帰国、静岡で慶喜に面会。〔28歳〕 渋沢関係略年譜
4月19日 (閏4月)太政官札(金札)発行布告(5月発行) その他関連事項
明治2年(1869) - 【渋沢栄一】静岡藩に「商法会所」設立。明治政府に仕え、民部省租税正となる。民部省改正掛掛長を兼ねる。〔29歳〕 渋沢関係略年譜
5月 当月以降、全国に為替会社設立 翌年までに8社誕生 その他関連事項
明治4年(1871) - 【渋沢栄一】紙幣頭となる。『立会略則』発刊。〔31歳〕 渋沢関係略年譜
5月10日 新貨条例発布(1両を1円と改称) その他関連事項
明治5年(1872) - 【渋沢栄一】大蔵少輔事務取扱。抄紙会社設立出願。〔32歳〕 渋沢関係略年譜
11月15日 国立銀行条例発布(銀行券発行に正貨準備を規定) その他関連事項
明治6年(1873) - 【渋沢栄一】大蔵省を辞める。第一国立銀行開業・総監役。抄紙会社創立(後に王子製紙会社・取締役会長)。〔33歳〕 渋沢関係略年譜
3月30日 金札引換公債証書発行条例発布 その他関連事項
7月20日 第一国立銀行開業免許 その他関連事項
- この年以降為替会社の廃業・解散続出 その他関連事項
明治8年(1875) - 【渋沢栄一】第一国立銀行頭取。商法講習所創立。東京会議所会頭。〔35歳〕 渋沢関係略年譜
4月4日 貯金預り規則公布 その他関連事項
5月2日 郵便貯金取扱い開始 その他関連事項
- この頃、山梨興産社、複利の方法で預金受入れる 貯蓄銀行関係事項
明治9年(1876) - 【渋沢栄一】東京府瓦斯局事務長。東京養育院院長。〔36歳〕 渋沢関係略年譜
8月1日 国立銀行条例改正//(銀行券の正貨兌換取り止め)―以後銀行数著増 その他関連事項
明治10年(1877) - 【渋沢栄一】択善会創立(後に東京銀行集会所・会長)。王子西ヶ原に別荘を建てはじめる。〔37歳〕 渋沢関係略年譜
2月15日 西南戦争勃発(9月終結)―以後インフレーション高進 その他関連事項
- この頃郵便切手販売所においても郵便貯金の取扱い開始 その他関連事項
明治11年(1878) - 【渋沢栄一】東京商法会議所創立・会頭(後に東京商業会議所・会頭)。〔38歳〕 渋沢関係略年譜
4月 第十国立銀行、「興産金預り所」を設け、貯蓄預金の取扱い開始 貯蓄銀行関係事項
5月 第三十三国立銀行、貯蓄預金の取扱い開始 貯蓄銀行関係事項
- 郵便貯金、最低預入額を引下げ(10銭から3銭へ) その他関連事項
明治12年(1879) - 【渋沢栄一】東京海上保険会社創立。グラント将軍(元第18代米国大統領)歓迎会(東京接待委員長)。〔39歳〕 渋沢関係略年譜
7月5日 河瀬秀治、貯蓄銀行設立の必要を建議 貯蓄銀行関係事項
12月1日 大阪に手形交換所開設 その他関連事項
- 政府、官営貯蓄銀行の設立を計画(実現せず) 貯蓄銀行関係事項
PAGE TOP