(株)八十二銀行『八十二銀行史』(1968.05)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
慶応4年(1868) - 【渋沢栄一】明治維新によりフランスより帰国、静岡で慶喜に面会。〔28歳〕 渋沢関係略年譜
3月14日 5か条のご誓文発布 一般
4月25日 会計官に商法司を置く 一般
5月15日 太政官札(金札)発行 一般
8月2日 伊那県を飯島村に設置 長野県内
明治元年(1868) - 【渋沢栄一】明治維新によりフランスより帰国、静岡で慶喜に面会。〔28歳〕 渋沢関係略年譜
9月8日 明治と改元 一般
明治2年(1869) - 【渋沢栄一】静岡藩に「商法会所」設立。明治政府に仕え、民部省租税正となる。民部省改正掛掛長を兼ねる。〔29歳〕 渋沢関係略年譜
2月5日 造幣局設置、金銀座廃止 一般
2月6日 木曾福島の関所を廃す 長野県内
2月22日 各開港場に通商司を置く 一般
3月15日 商法司を廃止 一般
3月28日 首都を東京に移す 一般
6月1日 東京為替会社開業 一般
6月17日 信濃国内各藩知事任命 長野県内
6月17日 版籍奉還、公卿諸侯を廃し華族と称す 一般
7月 飯田藩に農民騒動(二分金騒動)起る 長野県内
8月17日 上田藩に農民騒動起る 長野県内
9月17日 民部省札発行 一般
- 犀川より川中島三堰の取入完成 長野県内
明治3年(1870) - 【渋沢栄一】官営富岡製糸場設置主任となる。〔30歳〕 渋沢関係略年譜
4月23日 ロンドンに於て9分利付外国公債100万ポンドを公募(外国公債の嚆矢) 一般
6月 前橋藩、スイス人ミユラーを聘して洋式製糸所を起す 一般
8月 松本藩知事戸田光則排仏棄釈を強行、4年までに藩内の廃寺140余に達す 長野県内
PAGE TOP