中国電力(株)『中国地方電気事業史』(1974.12)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治20年(1887) - 【渋沢栄一】東京製綱会社発起委員(後に取締役会長)。東京人造肥料会社創立委員(後に取締役会長)。京都織物会社創立、相談役。日本煉瓦製造会社創立・発起人(後に取締役会長)。帝国ホテル創立・発起人総代(後に取締役会長)。北海道製麻会社・相談役。〔47歳〕 渋沢関係略年譜
12月1日 大阪電灯会社設立許可(22.5.20交流発電で開業) 日本の電気事業
明治21年(1888) - 【渋沢栄一】札幌麦酒会社創立・発起人総代(後に取締役会長)。品川硝子会社設立、相談役。東京女学館開校・会計監督(後に館長)。〔48歳〕【竜門社】出版条例の改正により『竜門雑誌』1号を改めて発行する。第1回秋季総集会を曖依村荘にて開催する。 渋沢関係略年譜
1月4日 山陽鉄道会社設立免許 社会一般
3月9日 倉敷紡績所設立(倉敷市、22.10.20開業、現倉敷紡績の前身) 社会一般
4月30日 黒田内閣成立 社会一般
5月 電気学会設立 日本の電気事業
7月1日 宮城紡績会社、最初の自家用水力発電設備落成、工場に白熱電灯を点灯 日本の電気事業
7月 帝国電灯会社設立(24.7開業) 日本の電気事業
10月 岡山紡績会社、新工場に電灯を点灯(中国地方における最初の電灯実用化) 中国地方の電気事業
11月 高坂万兵衛、広島に電灯事業を計画 中国地方の電気事業
12月23日 山陽鉄道、兵庫・姫路間開通 社会一般
明治22年(1889) - 【渋沢栄一】東京石川島造船所創立・委員(後に取締役会長)。門司築港会社創立・相談役。田川採炭株式会社創立・相談役。三重紡績株式会社相談役。北海道炭礦鉄道会社常議員〔49歳〕 渋沢関係略年譜
2月11日 大日本帝国憲法発布 社会一般
3月 玉島紡績所、電灯完成披露 中国地方の電気事業
5月6日 藤田伝三郎に児島湾開墾許可 社会一般
6月15日 品川電灯会社設立許可(23.4開業) 日本の電気事業
7月1日 東海道線全線開通 社会一般
7月1日 呉鎮守府開庁 社会一般
7月 日本電灯会社開業(23.1.15東京電灯に合併) 日本の電気事業
7月 日本舎密製造会社設立(小野田市、日産化学工業の前身) 社会一般
8月 北海道電灯舎設立許可(24.10.31開業) 日本の電気事業
9月 広島電灯発起人高坂万兵衛、広島商工倶楽部で電灯を試点灯 中国地方の電気事業
PAGE TOP