王子製紙(株)『王子製紙山林事業史』(1976.06)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
天保11年(1840) - 【渋沢栄一】2/13現在の埼玉県深谷市血洗島に生まれる。幼名は市三郎。渋沢家は代々の農家で養蚕と製藍を兼業。〔0歳〕 渋沢関係略年譜
- この年、ドイツ人ケーラー、砕木パルプを発明 一般および製紙事業関係
明治元年(1868) - 【渋沢栄一】明治維新によりフランスより帰国、静岡で慶喜に面会。〔28歳〕 渋沢関係略年譜
9月 明治と改元 一般および製紙事業関係
明治2年(1869) - 【渋沢栄一】静岡藩に「商法会所」設立。明治政府に仕え、民部省租税正となる。民部省改正掛掛長を兼ねる。〔29歳〕 渋沢関係略年譜
7月 札幌開拓使、樺太を管轄とする 一般および製紙事業関係
明治3年(1870) - 【渋沢栄一】官営富岡製糸場設置主任となる。〔30歳〕 渋沢関係略年譜
2月 樺太開拓使設置 一般および製紙事業関係
8月 民部省、山林原野の事を掌る 一般および製紙事業関係
明治4年(1871) - 【渋沢栄一】紙幣頭となる。『立会略則』発刊。〔31歳〕 渋沢関係略年譜
7月 大阪に紙幣寮設置 一般および製紙事業関係
8月 北海道開拓使、樺太開拓使と合併 一般および製紙事業関係
明治5年(1872) - 【渋沢栄一】大蔵少輔事務取扱。抄紙会社設立出願。〔32歳〕 渋沢関係略年譜
2月 浅野長勲、東京に有恒社を設立 一般および製紙事業関係
2月 「東京日日新聞」創刊 一般および製紙事業関係
9月 北海道土地売買規則及地所規則公布 一般および製紙事業関係
11月 国立銀行条例制定 一般および製紙事業関係
明治6年(1873) - 【渋沢栄一】大蔵省を辞める。第一国立銀行開業・総監役。抄紙会社創立(後に王子製紙会社・取締役会長)。〔33歳〕 渋沢関係略年譜
2月 抄紙会社、三井組・小野組・島田組の共同経営として設立認可される 一般および製紙事業関係
6月 京都に梅津パピール・ファブリック設立 一般および製紙事業関係
7月 地租改正条例布告 一般および製紙事業関係
明治7年(1874) - 【渋沢栄一】東京府知事より共有金取締を嘱託される。〔34歳〕 渋沢関係略年譜
1月 紙幣寮を印刷局、抄紙局を抄紙部と改称 一般および製紙事業関係
6月 有恒社開業、日本最初の輸入抄紙機運転 一般および製紙事業関係
11月 「読売新聞」創刊 一般および製紙事業関係
明治8年(1875) - 【渋沢栄一】第一国立銀行頭取。商法講習所創立。東京会議所会頭。〔35歳〕 渋沢関係略年譜
2月 大阪蓬来社、製紙工場開業 一般および製紙事業関係
3月 大川平三郎、製図工として抄紙会社に入社 一般および製紙事業関係
6月 貨幣条例制定 一般および製紙事業関係
PAGE TOP