東京芝浦電気(株)『東芝百年史』(1977.03)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治29年(1896) - 【渋沢栄一】日本精糖会社創立・取締役。東京興信所創立、評議員。東京銀行集会所会長。東京印刷株式会社設立・相談役。東洋汽船株式会社創業、監査役。東京建物株式会社創立発起人。第一国立銀行が営業満期により第一銀行となる。引続き頭取。汽車製造合資会社設立・創立委員(後に監査役)。北越石油株式会社創業・相談役。日本勧業銀行設立委員。〔56歳〕【渋沢敬三】父・渋沢篤二、母・敦子の長男として都内深川に生まる。 渋沢関係略年譜
5月15日 s[株式会社芝浦製作所] 小野友次郎 支配人に就任 社内事項
10月15日 金融ひっ迫し、事業界不振 社外事項
- 年末の電灯会社数33社、電灯数11万6,406 社外事項
明治30年(1897) - 【渋沢栄一】澁澤倉庫部開業(後に澁澤倉庫会社・発起人)。十勝開墾合資会社業務担当社員。広島水力電気株式会社創立、取締役会長。渋沢家洲崎養魚場開設 〔57歳〕 渋沢関係略年譜
5月 T[東京電気株式会社] アメリカ製電球製造機械を購入 社内事項
7月 日本工業所有権保護約定公布 社外事項
9月28日 s[株式会社芝浦製作所] 若山鉉吉 支配人に就任 社内事項
9月 s[株式会社芝浦製作所] 小形船舶の製造を開始 社内事項
12月 明電舎設立 社外事項
明治31年(1898) - 【渋沢栄一】浅野セメント合資会社監査役。韓国視察、韓国皇帝に謁見。王子製紙株式会社取締役会長を辞す(後に相談役)〔58歳〕 渋沢関係略年譜
5月16日 T[東京電気株式会社] 芝三田四国町へ移転 社内事項
6月22日 憲政党結成 社外事項
6月30日 大隈内閣成立(初の政党内閣) 社外事項
8月31日 日本電気合資会社設立 社外事項
11月7日 s[株式会社芝浦製作所] 職制を変更し、事務係、設計係、製造係を設置 社内事項
12月1日 s[株式会社芝浦製作所] 三井鉱山合名会社所管となる 社内事項
12月29日 T[東京電気株式会社] 三吉正一 専務取締役社長を辞任、藤岡市助 専務取締役社長に就任 社内事項
明治32年(1899) - 【渋沢栄一】衆議院議員選挙法改正規制同盟会会長。福田会名誉顧問。大蔵省より北海道拓殖銀行設立委員に任命。京仁鉄道合資会社設立、取締役社長。銀行倶楽部委員 〔59歳〕 渋沢関係略年譜
1月26日 T[東京電気株式会社] 東京電気株式会社と改称、電気工事の設計・請負を開始 社内事項
3月14日 電信法公布 社外事項
4月 T[東京電気株式会社] 電球製作技術研究のため実験室を設置(マツダ研究所の始まり) 社内事項
5月3日 s[株式会社芝浦製作所] 職制を改め支配人・副支配人を廃止し、所長・主事をおく 社内事項
5月30日 s[株式会社芝浦製作所] 大田黒重五郎 主事に就任(所長・欠) 社内事項
PAGE TOP