収録社史一覧

業種"証券" 社史一覧 全12件中12件 1件〜12件目を表示

並び替え
表示切替
表示件数
会社名 業種 社史タイトル(出版年) 会社沿革と社史メモ
大和証券(株) 証券 『大和証券60年史』(1963.09) 大阪の米穀仲買商藤本商店の藤本清兵衛は事業を拡大、1902年に個人事業で手形仲買を行なう藤本ビルブローカーを設立。のち藤本ビルブローカー銀行となるが1919年清兵衛が監査役の大日本製糖の経営破綻の影響で倒産。再建して1933年藤本ビルブローカー証券となり、1942年藤本証券と改称。1919年大阪に設立された日本信託銀行と1943年に合併し、大和証券設立。60年史は前史として藤本ビルブローカーの沿革を編年体で記述し、本史は戦中の大和証券設立から戦後の投資ブームの歩みを述べる。
大和証券(株) 証券 『大和証券百年史』(2003.05) 100年史では第1編藤本ビルブローカー・日本信託銀行時代で60年史の記述を大幅に補訂。大日本製糖事件による経営破綻の責任で引退した藤本清兵衛の後半生にも多くの頁を割き、その他の創業時代の経営者陣についても触れている。第2編大和証券株式会社時代では、戦後の証券市場の発展から金融再編までを詳述。第三編持ち株会社体制時代では、1999年に商号を(株)大和証券グループ本社と変更した経緯とその後の状況を述べている。
日興証券(株) 証券 『五十年史. [本編]』(1970.09)
日興証券(株) 証券 『五十年史. [資料編]』(1970.09) 『五十年史. [本編]』(社史ID:10200)の資料編
野村証券(株) 証券 『野村証券株式会社四十年史』(1966.10) 1872年(明5)頃初代野村徳七(のむら・とくしち、1850-1907)が大阪に両替商の野村商店を開業、株式・公債売買も始める。二代目徳七(1878-1945)が発展をはかり、1918年(大7)大阪野村銀行を創立した。公社債市場の拡大によりさらなる将来の発展に備えて、公社債を専業としていた大阪野村銀行証券部が独立し、1925年(大14)野村証券が創立された。戦中戦後の混乱期を経て高度経済成長期にはいり、証券市場の発展と共に業容を拡大する。40年史は野村商店発生からの沿革と資料からなり、特に戦後の発展期を詳述した1000頁近い大作。[2001年(平13)持株会社への移行に従い、野村ホールディングスの完全子会社となる]
野村証券(株) 証券 『野村証券株式会社五十年史』(1976.09)
野村証券(株) 証券 『野村証券史 : 1976-1985』(1986.09)
(資)紅葉屋商会 証券 『紅葉屋十年志』([1911.11凡例]) 愛知出身の神田鐳蔵(かんだ・らいぞう、1872-1934)は1900年(明33)東京に株式仲買の紅葉屋を創業。都会の同業者の排斥を受けるが、第一銀行の取引を得て公債取引で利益を上げる。1902年(明35)以来有価証券の市価を掲載した英文紅葉屋日報(Daily report of the Momijiya)を発行。1904年(明37)有価証券金庫銀行必要論を渋沢栄一に陳情し知遇を得る。1910年(明43)組織を改め(資)紅葉屋商会とし、翌年には国債証券の保護預りも行う(名)紅葉屋銀行を設立。10年史は創業からの沿革を、店舗や株券、渋沢栄一の書状等の写真と共に記載。[紅葉屋銀行は1918年(大7)(株)神田銀行となるが、1928年(昭3)破産し翌年強制和議申請]
山一証券(株) 証券 『山一証券史』(1958.11) 1897(明30)年株式売買の小池国三商店(後に小池(資))を創業した小池国三(こいけ・くにぞう、1866-1925)は、東京商業会議所議員となり1909年(明42)渡米実業団(渋沢栄一団長)の一員として渡米、株式仲買の新知識を得る。帰国後1911年(明44)商栄銀行を買収して経営にあたる(後に小池銀行と改称)。1927年(昭2)銀行法公布により銀行の公社債業務兼業廃止が決まり、証券業務を分離し1930年(昭5)小池証券を設立。一方解散した小池(資)関係者設立の山一(資)は1926年(大15)山一証券に組織変更。1943(昭18)年金融統制により小池、山一両証券が合併し、新たに山一証券が設立される。創業60周年を記念して出版された本社史は、前編が明治以来のわが国証券市場発達史、後編が小池国三商店創業から1957年(昭32)までの山一証券史。[1997年(平9)自主廃業、企業資料は東京大学経済学部図書館へ寄贈される]
山一証券(株) 証券 『山一証券100年史. 上』(2011.10)
山一証券(株) 証券 『山一証券100年史. 下』(2011.10) 『山一証券100年史. 上』(社史ID:10270)の下巻
山種証券(株) 証券 『山種証券50史話』(1984.02)
表示件数
PAGE TOP