収録社史一覧

業種"海運" 社史一覧 全39件中39件 1件〜39件目を表示

並び替え
表示切替
表示件数
会社名 業種 社史タイトル(出版年) 会社沿革と社史メモ
大阪商船(株) 海運 『大阪商船株式会社五十年史』(1934.06) 幕府が神戸・大阪を開港して以来、瀬戸内海の航路は次第に拡張。西南戦争後船舶が供給過剰となり、群小船主間の競争が激烈となる。住友家総理人広瀬宰平(ひろせ・さいへい、1828-1914)らは有志を糾合して1884年(明17)大阪商船会社を開業。日清・日露戦、第一次大戦を契機に世界各地へ航路を広げる。50年史は「沿革・航路・船舶・資本・事務組織・営業所・業績及財産・附録」からなり、渋沢栄一の関わった日清汽船にも触れる。
大阪商船(株) 海運 『大阪商船株式会社80年史』(1966.05) 1884年(明17)の創業から、1964年(昭39)に海運業の再建整備に関する法律により、三井船舶と合併して大阪商船三井船舶となるまでの80年史。構成は、沿革・航路・船舶・経営資本・組織及び制度・営業所・経理・関係会社・資料及び年表からなり、日本海運史、世界海運史との関連にも注目している。社史編纂のために収集した「航路別港別貨物品別統計表」など主な資料の一覧を編集後記に掲載。
大阪商船三井船舶(株) 海運 『創業百年史. [本編]』(1985.07) 1877(明治10)年、三井物産が三池炭の海外向け輸送を手がける。三井物産船舶部は不定期航路から定期航路へ進出、1942年三井船舶(株)として独立。一方1882年瀬戸内船主の大同団結によって大阪商船会社が設立、沿岸・近海から遠洋航路へ進出。両者は第2次大戦で大きな被害を受けるが、1964年に合併、大阪商船三井船舶(株)となる。別冊資料編あり。[1999年(平11)ナビックスラインと合併し、商船三井となる]
大阪商船三井船舶(株) 海運 『創業百年史. 資料』(1985.07) 『創業百年史. [本編]』(社史ID:12500)の資料編
川崎汽船(株) 海運 『川崎汽船五十年史』(1969.08) 1886年(明19)発足の川崎造船所では船舶部を設置し海運を行っていた。社長の松方幸次郎(まつかた・こうじろう、1865-1950)は1916年(大5)からの欧米滞在中に米英の海運事情の底力を知り、わが国の発展のためには国内に新造船を温存し、日本郵船・大阪商船に伍して活躍し得る程度の大規模な海運会社を新設して船舶を運航する事業を興さねばならぬ、と決断。1919年(大8)に川崎造船所の船舶部門を分離独立し、川崎汽船を設立。世界各地へ航路を広げ発展する。50年史は沿革・航路・船舶・組織および制度・業績・収支・関係会社・資料および年表からなる。
川崎汽船(株) 海運 『Kライン物語 : 川崎汽船75年史』(1994.04)
北日本汽船(株) 海運 『北日本汽船株式会社二十五年史』(1939.06) 明治末期の樺太には陸海交通網が徐々に整備されつつあった。海産物の漁獲増大に伴い各社の航路開設が続き、合理化のため合同経営の機運が高まる。大阪商船社長中橋徳五郎(なかはし・とくごろう、1864-1934)ら発起人は1914年(大3)北日本汽船を設立し、各社の航路を継承。その後も航路を次々開設し発展する。25年史は沿革、船舶、資本、事務組織、営業所、業績及財産の構成で、付録に年表と職員録を付す。「オットセイを繞る国際問題」等の樺太に関する挿話や購入船等の写真を随所に入れる。[1943年(昭18)大阪商船(現・商船三井)に合併]
神戸海運業組合 海運 『神戸海運五十年史』(1923.04)
新和海運(株) 海運 『新和海運三十年史』(1992.09) 1901年(明34)に操業開始した官営八幡製鉄所は大量の原料鉄鉱石を中国大陸から調達し、社有船で運送していた。当時満州では1906年(明39)発足の南満州鉄道が、大連から物資を輸送するため大連汽船を買収し海運に進出。八幡製鉄所は1934年(昭9)国策により日本製鉄となり、第二次大戦後の占領政策で船舶部が分離独立し1950年(昭25)日鉄汽船となる。一方閉鎖機関に指定された大連汽船の資産は1947年(昭22)発足の東邦海運が引き継ぎ、同社は1962年(昭37)日鉄汽船と合併し新和海運が誕生した。30年史は序章と第1章で、日鉄汽船と東邦海運の創立から合併までの経緯を記述している。
新和海運(株) 海運 『新和海運史』(2011.12)
太平洋海運(株) 海運 『太平洋海運20年史』(1971.12) [2010年日本郵船に合併]
太平洋汽船(株) 海運 『二十年史』(1976.07)
東邦海運(株) 海運 『東邦海運株式会社十五年史』(1962.08) 南満州鉄道の子会社として1915年(大4)創立された大連汽船は、最盛期の1941年(昭16)頃には日本郵船・大阪商船に次ぐ発展をしていた。戦後親会社の閉鎖機関指定によって事業停止になったが、東京支社の支社長らは新会社の設立を計画、内地に残存した山東丸以下18隻の船舶、その他土地、建物の現物出資を受け、1947年(昭22)東邦海運を創立した。1962年(昭37)に日鉄汽船と合併して新和海運となる。15年史は大連汽船時代を前史とし、11章から構成されている。
東洋汽船(株) 海運 『六十四年の歩み』(1964.06)
日清汽船(株) 海運 『日清汽船株式会社三十年史及追補』(1941.04) 中国の港湾はアヘン戦争以降19世紀末までに徐々に開放が進み、諸外国が進出していた。日本からは1896年(明29)上海に設立の大東新利洋行に続き、大阪商船会社揚子江航路、湖南汽船会社(渋沢栄一は発起人)、日本郵船会社揚子江航路が進出。4社の航路は外国汽船会社に対抗するため政府の勧誘により合併し、1907年(明40)日清汽船設立(栄一は創立委員、取締役)。第一次大戦を経て発展するが、1937年(昭12)の日華事変後の統制により、1939年(昭14)設立の東亜汽船に全ての資産・業務を移譲し、日清汽船は持株会社として存続する。30年史は1-3編が創立から移譲までの歩み、4-9編に航路、船舶、資産、事務組織、営業設備、営業成績を記述。追補にあたる第10編「我社の特殊性」には、抗日運動の影響及び日華事変下の損害状況等を記載。[東亜汽船は1947年(昭22)閉鎖、日清汽船は1950年(昭25)解散]
日東商船(株) 海運 『日東商船株式会社社史』(1966.05)
日本海員掖済会 海運 『日本海員掖済会五十年史』(1929.05)
日本郵船(株) 海運 『日本郵船株式会社五十年史』(1935.12)
日本郵船(株) 海運 『七十年史』(1956.07) 1885年郵便汽船三菱会社と共同運輸会社が合併して創立してから1955年までの70年史。渋沢栄一は取締役(1893-1909)、相談役(1917)。創業からの発展と戦争前後の状況を編年体で記述、詳細な附録と図表目次付。戦前の大部の記録が戦後の混乱期に散逸した状況があとがきに書かれている。
日本郵船(株) 海運 『Golden jubilee history of Nippon Yusen Kaisha, 1885-1935.』(1963) 『日本郵船株式会社五十年史』(社史ID:12660)の英語版。日本語版の沿革部分を簡略にまとめたもの。初版は1911年。
日本郵船(株) 海運 『十年の歩み : 創業七十年より八十年へ』(1967.06) 1956年出版の70年史の後、創業80年までの10年(1955~1965)の歩みを部門別に記載。海運業界再編の中での事業発展状況を述べ、付録として1964年に合併した三菱海運(株)の「小史」も載せている。
日本郵船(株) 海運 『10年の歩み. 続 : 創業80年から90年へ』(1977.06) 創業80年から90年までの10年(1965~1975)の歩みを部門別に記載。コンテナ船・巨大船の登場等による経営規模の拡大、石油危機後の経済情勢急変への適応という2つの大きな動きを、営業および管理部門ごとに詳述している。
日本郵船(株) 海運 『七つの海で一世紀 : 日本郵船創業100周年記念船舶写真集』(1985.10) 1885年の創業からの100年間に日本郵船が保有した船舶740隻のうち、代表的な約170隻の写真集。1945年を境に前後に分け、活躍した年代順に各船の写真とプロフィールを掲載。各時代のエピソードもコラムとして挿まれている。取得船の全リストと索引付。別冊付録「Voyage of a century」は、写真以外の部分を英訳したもの。
日本郵船(株) 海運 『Voyage of a century : photo collection of NYK ships』(1985) 『七つの海で一世紀 : 日本郵船創業100周年記念船舶写真集』(社史ID:12700)の写真以外の部分を英訳したもの。索引には日本語版のページも記載されている。
日本郵船(株) 海運 『二引の旗のもとに : 日本郵船百年の歩み』(1986.03) 100年の歩みをハンディな普及版として刊行、執筆は外部に委託。社史のタイトルは、1885年に合併した郵便汽船三菱会社と共同運輸会社の2社を白地に紅色2線で表した社旗、通称二引(にびき)からとっている。
日本郵船(株) 海運 『十年の歩み. 続々 : 創業90年から100年へ』(1987.06) 創業90年から100年までの10年(1975~1985)の歩みを部門別に記載。世界経済の低迷、海運不況の中での厳しい対応の状況を詳述している。
日本郵船(株) 海運 『日本郵船株式会社百年史』(1988.10) 1885年の創立からの百年史を近代日本海運史ととらえ、外部に委託して海運史、産業史、経営史等の側面から詳細に記述。編年体の本文の後半は海運から総合物流事業へ進出した戦後の歩みに当てられている。1964年に合併した三菱海運の「小史」も含む。人名・事項・船名索引付。別冊の資料編は本編と同じ厚さで、株主総会における歴代社長の演説や戦前の取締役会議録等、経営に関する重要な資料も含まれた詳細なもの。
日本郵船(株) 海運 『日本郵船百年史資料』(1988.10) 『日本郵船株式会社百年史』(社史ID:12730)の資料編
日本郵船(株) 海運 『近代日本海運生成史料』(1988.10) 1869年(明2)から日本郵船成立の1885年(明18)までの史料集で、創業100年を記念し『日本郵船株式会社百年史』『日本郵船百年史資料』と共に刊行された。内容は「蒸気郵船出帆日並運賃定」など明治初期における日本海運の生成発展についての原史料を、研究者が収集・編集し章ごとに解題を付したもので、章立ては「明治初期の海運業」「三菱会社の海運業」「共同運輸会社の活動」「海運政策の展開」からなる。
日本郵船(株) 海運 『日本郵船戦時船史 : 太平洋戦争下の社船挽歌. 上巻』(1995.08) 日本郵船および戦後合併した三菱汽船所有の船およそ280隻が、太平洋戦争でどのように遭難したか、一隻ずつのデータを集め上下2冊にまとめたもの。遭難の年月日順に一隻ずつ船名、写真、船種、建造所、遭難日時・地点・状況、搭載物件などの一覧、遭難状況を調査しまとめた文章、乗組員名簿が掲載されている。船名索引、用語の説明、遭難位置図付。1971年に発行されたものの復刻版。
日本郵船(株) 海運 『日本郵船戦時船史 : 太平洋戦争下の社船挽歌. 下巻』(1995.08) 『日本郵船戦時船史 : 太平洋戦争下の社船挽歌. 上巻』(社史ID:12760)の下巻
日本郵船(株) 海運 『日本郵船社史 : 創立100周年からの20年』(2007.12)
日本郵船(株) 海運 『日本郵船社史資料 : 創立100周年からの20年』(2007.06)
八馬汽船(株) 海運 『100年の歩み』(1978.12) 西宮の米穀商八馬商店の八馬兼介(はちうま・けんすけ、1839-1918)は、1878年(明11)初めて帆船を購入し、海運業に従事。阪神・東京間に酒・塩・石炭などの運行を行い、日清・日露戦及び第一次大戦での需要をバネに大きく飛躍する。戦後不況の中1925年(大14)個人経営から改組し八馬汽船(株)を設立。第二次大戦後は日本郵船との提携を深め、合理化や国際化を進めて発展する。100年史は草創期、戦前戦中編、戦後編という区分けの沿革と、会社の福利厚生・関係会社事項、所有船腹異動表等の附表からなる。口絵に社旗やファンネルマークの由来を記載。
早川運輸(株) 海運 『早川運輸創業百十年史』(1996.11) 横浜で創業、銅輸出の運送に従事するが、輸出不振と関東大震災で打撃を受ける。戦後は港湾運送事業、通関業、倉庫業、陸運事業を営む。1970年前後に渋沢倉庫を母体とする渋沢海運との合併の話が持ち上がったが、交渉不調で成立せず。1978年ころから海底ケーブルの荷役作業に進出、世界各地で活躍。
風帆船会社 海運 『風帆船会社明治15年度報告計算書』([188-?])
風帆船会社 海運 『風帆船会社創立要旨並定款』([1880.11])
三井船舶(株) 海運 『創業八十年史』(1958.09) 1876年(明9)開業の三井物産は輸送業務の整備強化のため、1903年(明36)に船舶部を設立。第一次大戦後も船舶部取扱高は増加し世界各地へ進出。日華事変後海運界は国家管理下に置かれることとなり、臨戦体制に対応するため1942年(昭17)三井物産より分離独立し三井船舶設立。1943年(昭18)北海道炭礦汽船の船舶部門を吸収。80年史は三井物産設立からの沿革を、船舶部時代と独立以後に分けて記述。後は「航路・船舶・業績並びに収支・組織並びに一般」という構成で、創業80周年記念事業と回顧録も含む。[1964年(昭39)大阪商船と合併し大阪商船三井船舶となり、1999年(平11)ナビックスラインと合併し商船三井となる]
山下新日本汽船(株) 海運 『社史 : 合併より十五年』(1980.06)
表示件数
PAGE TOP